社長挨拶

  1. 東栄産業ホーム
  2. » 社長挨拶

社長挨拶

当社は昭和50年11月に、丸釘や建設ボルト等の卸販売を須賀川市で始め昭和54年に郡山市の中央工業団地に進出、沿革に連ねております様に幾多の変遷を経て今日に至っています。

創業以来会社の営業方針として「在庫主義」と「機動力」でお客様のニーズに対応してまいりましたが、社業の伸展に伴い鉄筋用棒鋼を主とした建設・土木資材卸部門の「建材事業部」。

一側足場のリースを主体としたリース課とガードレール、地盤改良工事を行う建設課の二課から成る「建設事業部」。

太陽光発電設備の設置販売を主たる目的とした「環境事業部」の三部門を中心に現実に即した営業を展開中であります。

建材事業部では鉄筋用棒鋼でいちはやく鋼種の違う同一サイズを1,000トン単位で在庫し即納体勢を敷いています。又単管パイプのピン加工や斜めカット切断で利便性を供し、ボイド管やプレスト管の大口径の品揃え等あくまで在庫主義に徹する一方、地球温暖化防止の有効な手段と期待されております太陽光発電システムの販売を手掛ける等、常に新しいニーズを掘り起こし皆様に頼りにされる地場特約店となるべく一層の努力を傾注してまいります。今後共変わらぬご愛顧を賜りますよう御願い申し上げます。

▲ページの先頭へ戻る